2018年8月18日土曜日

様々なチームが集い交流をくれる「アッズーロ和歌山フットサルフェスタ」に参加。ユニアオU-15優勝のわけ








夏の大きなフットサルイベントであるアッズーロフットサルフェスタに今年も参加してきました!U-12カテゴリーに2チーム、U-15カテゴリーに2チーム、出場でした。


U-12カテゴリーは強いチームが多くて悔しい想いをしましたが、それすらフットサルを楽しみ乗り越えて行く選手たちから私は学びました。

U-15カテゴリーもレベルが高く、初戦から苦しい展開でした。でも、このカテゴリーではひとつずつ試合を乗り越えて行き優勝しました。Bチーム、結果は出ませんでしたが彼らの成長を感じています。



優勝できた理由のひとつは、おそらく守備の力だと思います。ユニアオでは攻撃と同様に、守備の技術・守備の個人戦術・守備の集団戦術も分析して徐々に働きかけています。当然のことだと思いますが、この当然のことを行っているチームは多くないように感じます。

目立つようなうまさを持つ選手は、うちにはいないと思います。でも地味にうまい。それぞれの長所が引き立っていて、それぞれのうまさがある。

ユニアオに、もともとうまい選手が集まりません。セレクション形式もとっていませんし、その形式をとったところでセレクションに参加してもらえる自信がありません。だからこそ、今回獲得したこのタイトルは選手たちの努力の賜物です。本当に上手くなりましたね

保護者の支えも、大きな要因の一つです。ありがとうございます。

もうひとつ、思うことはフットサルを彼らが続けてくれているためです。今回優勝したメンバーは小学生からやってきたメンバーがほとんどです。それは選手や家族の頑張りが土台となり、クラブとして頑張ってやってきていること。彼らが高校生でもやってくれれば、偉大なクラブになるはず。



北谷さんが書いてくれたこのレポートにある通り、U-12カテゴリーのみんな素晴らしい。

仲間への思いやり、開いた心を持っていて、そのための行動力や楽しむ力まで持っています。ユニアオのチームにとどまらず、フットサルをする友達として他のチームを応援していたりすることも。遠征や大会を通じて、友達を作っていく彼らから見習っています。アミティエの選手たちに踊りを教えてもらいました。その踊りでたくさん楽しみました

こんな彼らとフットサルに携われていることは幸せです。保護者のご協力に大きく感謝します。

大会を主催する中尾さん、大会運営を頑張ってくれた皆様、関わってくれたみなさん、ありがとうございました!