2018年12月7日金曜日

戦術とは



戦術って書いてある字のごとく、戦う術であって、そこで終わりの話だったはずなんだよね。戦術的手段や戦術的行為の話にまで及んでいるけど、そんな話を入れるから迷走していった感じがある。迷走したからこそ面白いところもあると思うし、そこも見てもらえたらいいな。

戦う術として成り立つ特徴がある。戦いであることを自覚する。相手が存在すること、そう、相手がいなかったら戦いではない。部分的目的である、その瞬間に生きること。判断、決断、行動は選手が行うということ。戦術について語る対象は、いつも選手が中心。



もう一回、撮影したらもう少しわかりやすく説明できるかな。書くと話すは全然違うし、時間の制限や環境の違いなどに適応もしないといけない。でも、この緊張感に挑むことが、なぜか楽しいし刺激的。僕はいつまでたっても説明うまくならないかもしれないけど、ギガッチがうまく誘導してくれて、ヒトチャンが整備してくれて、ひとつのコンテンツができる。

来週水曜日にまた動画配信されます。よろしくお願いします。